コロナが始まってからの東京に住む外国人の生活

– How has forigner been spending time in Tokyo after Corona –

日本で暮らす外国人の生活は変わった?

あくまで日本に住んでいる一部の外国人の方を例としてあげているので、万国共通という認識ではありません。

私の周りの外国人の人たちは、すごく生活が変わったという人はいません。しかし、失業してしまった在日の方も多いようでその場合は母国に帰るか、結婚ビザなどがある場合は仕事探しに追われるかの二択になるかと思います。

一番大変な人達といえば、旅行で来日してたのに母国へ帰りたいのに帰れない人たちではないでしょうか。知り合いの知り合いの外国人の方が、来日した後飛行機が飛ばなくなったと聞きました。あとは、ホステルなどで滞在中の外国人が取材を受けてテレビに出ていますよね。本当に身動きできず大変だと思います。しかし、空港も簡単に開くことはできないですし、ビザもなく仕事もできない人たちはどうなるのでしょうか、、。

これから記載していることは、元々日本に滞在している外国人についてまとめたものです。

仕事は基本的には日本人同様の変化が多い

仕事をしている在日外国人の方は、ほぼ日本人と同じで、業種や職種によってテレワーク対応になったり、出勤必須のままであったり、というのが多いと思います。

中には、コロナが拡がってから自ら仕事を辞め母国に帰国した外国人もいます。

ただ、どんな形であろうと仕事につけているのは幸いな方たちだと思います。むしろ、外資企業の場合ですが、テレワークには馴染みがある傾向があり、日本企業よりも元々在宅もOKという企業も多いのではないでしょうか。

外資系企業のリモートワーク導入例

  • ツイッター社→希望者はずっとリモートワーク可能
  • アマゾン→来年1月まで、可能な社員は全員リモートワーク

母国の政策により助けられることもある

国によって様々な政策が実施されていたり、何もされていなかったりと状況が異なります。また、海外に住む母国の人も対象にしているかどうかも国により異なるため、一概に助けてくれるわけではないことを前提にしています。

例1.給付金が出る

日本に住んでいても、母国からの給付金がもらえる場合があります。仕事で減給、失業などした場合にとてもありがたい支援です。また、日本の特別定額給付金ですが、日本で働いて日本に納税していれば対象者となります。学生ビザの外国人の方がもらえるのかどうかはわかりませんが、就労ビザで日本に来ているのであればほとんどの方が10万円の給付金を貰えるのではないでしょうか。

例2.ローンなどが減免される

こちらも、条件などがあった場合ですが、アメリカの場合は大統領がローンの減免や失業手当ての増額などを宣言しています。期限はありますが、この前は今年いっぱい延長という方向になりました。日本に住んでいる外国人でも、奨学金を返済している人が沢山います。ただし、国の奨学金や一般の奨学金など、様々種類があるので全てが免除されるというわけではありません。

また、住宅ローンが減免される、というのは最近日本政府内でも決定されたようです。アメリカと比べたら遅いですが、いいニュースだと思います。

外出自粛をしている外国人も沢山います

テレビで、海で騒ぐ外国人が取材されていたりしますが、一部の外国人であり、なるべく外出を控えている外国人も多いです。そればかりは、性格によりけりですし、日本人でも騒ぐ人と自粛する人に最近はよりはっきりと二極化している気がします。

特に都内は、自粛要請で外出もせずに母国にも帰省できず、という方もたくさんいます。そういう人がもし身近にいたら、優しく声をかければ相手はすごく喜んでくれると思います。

母国じゃない国で、コロナが拡がっていて家から出られません、ていう状況に陥ったら私は多分恐怖にかられます、、思っている以上に日本が母国じゃない方にとっても、辛い、ということを頭の隅に置いておくとお互いいいのではないでしょうか。

国際事情でこれから起こりそうな事象予測

一部の輸入食品が食べられなくなる

今年はバッタの襲来も、時々ニュースで見ます。アフリカや南米、今や中国にまで拡大しているみたいですね。バッタの飢饉はヨハネの目次録にも描かれており、いやな予感を連想させます。バッタの件とは別に、アメリカでは食肉工場がコロナで閉鎖され、代替え肉の需要も増えているそうです。環境やモラル的な面から見れば良いことともとられられます。が、普段からお肉を食べている場合はこれから手頃な価格で買えることはなくなるのではないでしょうか。少なくとも、今よりも高くなるのではないかなぁ、と個人的には予想しています。また、バッタの影響で、穀物なども影響を受けるのではないでしょうか。自分の国は自分たちで守らねば、な時代になる気がします。

まだまだ海外旅行客は戻らない

コロナは、春から全然落ち着いたように見えないですね。ニュースを見る限りはむしろ増えている状況です。PCR検査数も増えているので、陽性が増えるのも当たり前ではありますが、日本は一波でコロナを防げなかった、ということだけは言えます。さらに、世界中でまだまだ収まる気配のないコロナウイルスなので、観光客はしばらくの間は少ない上にほぼ日本人のみになりそうですね。GoToトラベルでの関節的な補助金ではなく、観光業の方への直接補助金を出して欲しいですね。

東京オリンピック中止

なんと、2020年があと4ヶ月で終わります、これにはほんとにびっくりしました、笑。今年私は一体何をしていたのだろうと、家にいることがこんなにも多い年は初めてです、笑。オリンピックは2021年に延期されましたが、開会まであと一年もないんです。最初から中止にしておけばよかった、なんてことになるのは正直もう予測できます。スポーツ選手でも、コロナ陽性がでてプロ野球界なども影響を受けていますね。個人としては、もう今すぐに中止判断をしてもらって、競技者の方には別途補助をしてもいいのではないでしょうか。

金銀価格の高騰

金銀価格は現在、すでに高騰していますが、今後の経済が下向きになるにつれ更に上がっていくと予想しています。特に銀は、元々の価値が低いため、急激な高騰も見込めます。が、ギャンブル要素でやることはお勧めしませんし、そもそも金銀価格もいつまで保てるかもわかりません。

銀貨は、昨年個人的にお守り目的で購入していましたが、その値段が今は3倍に値上がっていました。たまたまタイミングが良かったです。投資目的で更に買おうとは思っていません。今後の予想として、これから市場が悪化する可能性が高いため、もっと上がるのではないかな、と予想しています。

昨年、カナダメープル銀貨2019年度のものを購入し3,000円強の価格でした。右のものは、2020年の銀貨で、こちらのショップさん(私が購入したお店とは異なります)だと現在価格7,000円程度で販売されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カナダ メイプルリーフ5ドル銀貨 1オンス2020年 未使用
価格:7040円(税込、送料別) (2020/8/11時点)


タイトルとURLをコピーしました