外国人の友達をつくるコツ

– How to be friend with another country people ? –

外国人と交流する方法

 まず、外国人の友達を作るには、知り合いにならなければもちろん友達にはなれません。過去に英語を習う方法をご紹介していますが、外国人と友達になるには、やはりある程度英語は話せた方が友達になりやすいです。
 こちらの記事には、日本にいても色々な外国人と知り合いになることができる方法をご紹介しています。

外旅行へ行きたい!外国人と話す機会がある!英語をマスターするのにおすすめな本やアプリ

英会話をもっと身近に。 スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

海外旅行や外国人への接客に役に立つ英語が満載です。スピーディーに覚えられる一冊!楽天市場で送料無料。

【英会話教材】たった30日で英語が話せる!ロサンゼルスNo1の超人気英語学校が開発した英会話教材「Hapa英会話 完全版」【送料無料】【smtb-s】【learn_d19】Hapa英会話 ネイティブ感覚で話す英語フレーズ [ ジュン・セニサック ]

まずはなじみの場所を作ること

 どういうことかというと、言語交換サイトや英会話カフェを行きつけにしましょう、ということです。英会話カフェやMeet upのイベントなど実際に人と会う場合は、毎週来ている日本人の人や外国人の人もいるので、実際に会って会話したいという方にはおすすめです。しかし、カフェだと時間も場所も限られているので、時間や場所も自由に選びたいというかたは、言語交換サイトを常用することをおすすめします。

 もし同じ日本人の友達で、同じ目的の人がいたら最初は一緒に参加してみたり登録してみたりするのもおすすめです。初めてのことは誰でも不安なので。でも、一人で参加している人が多いのでイベントやカフェで、友人と来ている人は少ない印象です。

特定の場所やイベント言語交換サイト
メリット実際に会って話すことができる
一緒に趣味などを楽しめる
・現在海外にいる人とつながれる
・相手と時間が合えばどこでもいつでも話せる
・無料のサイトもある
デメリット・場所や時間に制限される
・参加費用がかかる
・変な人もまぎれている
(聞いた話ですが、下心ありで、ビデオ通話で露出する人もいるようです)
・登録している人が多いため、急に友達が増えすぎることがある

日本に興味がある人とは友達になりやすい

日本で出会った外国人

 基本的に日本にすんでいる外国人には2種類の理由があります。

①日本が好きで、移住してきた人、又は旅行者

②仕事の転勤で日本に移住した人、又は滞在中の人

 どちらのタイプも、イベントや英会話カフェで出会いましたが、その場で話す分にはどちらも楽しいです。自分が行ったことがある国の人とであったときも話は続けやすいです。

言語交換サイトで出会った外国人

 まず、言語交換サイトで出会った場合、相手と会話ができないと何も進まないので、日本語か他の言語でお互い話せるかどうかが重要です。

お金をかけずに英会話を楽しんでみたい、という方には、こちらの記事にまとめている、ユーチューバーの方の動画を見てみることをお勧めします。

また、その中でも”Junさん”は、日本人に英語を教えることを親の代から学んでいる方なので、私の一押しは”Hapa 英会話”の動画よりも、まずは、ポッドキャストのアプリからダウンロードできるエピソードが、特におすすめです。

無料写真素材なら【写真AC】

英語を話せないのに話せます、と言ってしまうと、英語しか話ができない外国人と知り合いになった時に、通話は難しいです。チャットは、今やネットで簡単に翻訳できるため、ある程度は成り立ちます。
 日本語が話せる人も世界中にいます。ヨーロッパからアメリカ、オーストラリア、アフリカ、中東と、様々です。
 いろんな国の人と日本語で話をすることも楽しいです。こちらから相手の国の質問をしても、まったく文化が違うので話を聞くことも楽しいです(これが英語のみになると、かなり言葉の壁を感じますが、、、笑)。

ー言語交換サイトでの友達作りまとめー

  • 英語だけで会話が成り立たないのであれば、通話よりもチャットがおすすめ
  • 日本に住んでいる外国人の人とも知り合いになれる(実際に会うのなら、慎重になりましょう)
  • 異文化について、英語が話せなくてもリアルな会話で知ることができる

私がおすすめする、言語交換サイトはこちら↓友達作りは無料でできます。先生探しも先生によって値段が格安な場合があります。

500万人以上が使っている!オンライン言語学習ツール【italki】

相手の国のことを知ろう!

 今、外国人の友達がいなくてもほかの国のことを知識に入れておくと、知り合ったときにより会話が弾みます。今は、ユーチューブやインターネットで、沢山の海外情報があふれています。
そういったもので、勉強しておくと、質問もたくさん出てくるし、事前に相手の国の情報があることでトラブルも防ぐことができます。
 おおまかに実際に感じた違いをまとめました。

実際に気付いたこと
インドネシア宗教が生活に浸透している
イギリスエコや環境に対する意識が違う
アメリカ・食生活が全然違う
ヨーロッパ全体・会社員やフリーランスのとらえ方がちがう
ノルウェー・学校のしくみや科目が違う
アフリカ・自分の想像と違うライフスタイル

 全体的に言えることは、私がつながった人たちはみんな優しいです。そして日本語が上手、笑。なのでもしも躊躇している人がいたら、トライすることをおすすめします。

共通点をみつける人は仲良くなれる

 どんな形であれ、外国人とお話しする機会があれば、日本や旅行の話以外に、趣味の話をすることがお勧めです。そこで、共通点がみつかると、一段と仲良くなることができます(あくまで私の実体験です。)。
 趣味でなくても、日本の漫画やアニメが好きな人は多いです。なので、例えば「ドラゴンボール」をお互い読んだことがあるのであれば、そこから話を膨らませることもいいきっかけになります。なので、共通点を見つけることは、仲の良い友達になるうえでとても大切です。
スポーツなんかも、ワールドカップなどがあるので詳しい人は話が盛り上がると思います。

連絡を取り続けるならペースが大事

 最後に、相手が忙しい人なのか、どれくらいの頻度で連絡をするとベストなのか、この辺は時間によゆうのある人が忙しい人に合わせていくといいと思います。
 急に連絡がつかなくなる人もいれば、私も返事をしないまま過ごしてしまったこともあります。みんな仕事や学校があるので、あまり一喜一憂せずに、できるだけペースをつかみつつ、長続きさせることも大切だと思います。

タイトルとURLをコピーしました