11月30日双子座満月の占い、日本で起こりうること

日々集めたニュースや情報や占星術から、日本の近い未来を私の視点から予測しています。

最新の未来予測記事

外国人の『ふるさと納税』申請法

– Can you apply ”Furusato Nozei” ? –

外国人でも『ふるさと納税』はできる?

 日本で収入があり、住民税などを支払っている人は誰でも『ふるさと納税』を利用することができます。外国人でも規制は無く、日本人同様の条件で寄付をすることができ、税金控除も受けることができます。『ふるさと納税は』、税金控除を申請したら住民税を減額してもらえます。

例えば、1年で魚1万円分、米2万円分、合計3万円分寄付したとします。
2万8千円分を税金控除として申告できる方であれば、翌年結果的に2千円が自腹の額となります。
※給与により、個人差があるため控除額は一律ではありません。

自動計算サイト→控除金額シミュレーション/ふるさとチョイス

申込方法(楽天編)

『楽天ふるさと納税』での外国人の方の手続きは日本人と全く同じです。

①IDを作る
名前や、住所(住民票の住所)、電話番号などを登録します。
こちらのページから登録できます → 楽天会員登録
※住民票の住所で登録した方が、後々注文者情報としても使用できるので、手続きが楽です。万が一住んでいる場所が住民票と違う場合は、配送先を商品注文時に変更しましょう(住民登録はお住まいの役所に必ず届けなければなりません。)

②商品を注文する
下記のページから商品購入ができます。

決済方法は商品によって異なります。「クレジットカード」または「楽天銀行口座」があれば、大体は決済できますが、持っていない方は、商品を選べる範囲は少なくなります。

手続きが銀行振込対応可能な市町村

 楽天ふるさと納税を利用しようとすると、結構な確率で銀行振込対応になっていない商品が見受けられます。実際に銀行振込で対応してくれた市町村をご紹介します。2019年度の話しなので変更されている可能性もあります。主にわが家ではお米は毎日食べているので、ふるさと納税ではお米を選ぶことが多いです。

高知県須崎市

こちらの市では、魚の商品が豊富で、野菜や工芸品なども取り扱っています。

高知県須崎市

長野県宮田村

 長野県らしく、リンゴやワイン、お肉なども取り扱いがあります。地ビールやお米も魅力的です。

長野県宮田村

山形県山形市

 山形県といえば、お米にお肉にさくらんぼ、と食に関しては幅広く選ぶことが可能です。特にお米は値段やサイズの種類が多く選びやすかったです。

山形県山形市

ミドルネームの問題

日本人はミドルネームが無いので、ミドルネームを入力する欄が大体どこのサイトにいっても見たことがありません。ふるさと納税は、住民票と同じ名前を入力しないといけないため、ミドルネームはどうなるのか?と疑問になります。

 そこで、楽天市場へ直接メールで問い合わせてみました。

返信結果によると、
楽天さんの場合は登録、注文の段階でのミドルネームの入力は必要ないようです。
ミドルネームは無くてもいい、という結果でした。しかし、ワンストップ特例制度の申し込み時や、確定申告の時にミドルネームを追加することもご検討ください、とのことでした。
とりあえず、注文したら商品が届くのを待ちましょう。 

ちなみに、ふるさと納税は注文したら、色々と書類の発行などを要するため、家に商品が届くまで
1日2日、ということはまずほとんどありません。
どうしても、受領書もミドルネームを入れたいという場合、注文した商品の自治体へ電話をして、直接事情を話せば、ミドルネームを入れてくれる場合もあるようです。後々、確定申告やワンストップ特例制度での申告をする場合は、ミドルネームを入れて申告しましょう。

後日、管轄の税務署へ確認してみました!
結論:ミドルネームはそんなに重要ではなく、確定申告の書類にはミドルネームを入れて申請が必要。ふるさと納税の受領書などにはファーストネーム(名)とラストネーム(姓)が入っていれば基本的に問題になることはない。
やはり、楽天さんの回答と同じように、ワンストップ申請や確定申告をする際にミドルネームを付け足すなり、添えるなりわかるようにしておけば、ほぼトラブルになることはないという結果になりました。

『ワンストップ特例制度』は絶対に使うべき?

もし、ふるさと納税を「節税目的」で始めたいのであれば、
ワンストップ制度と確定申告、どちらかを必ずしなければなりません。

ワンストップ特例制度→会社に雇われている(Employed one company)人が、楽に税金手続きできるシステムです。書類を記入して商品発送元の自治体へ郵送すれば、翌年には住民税が減額されているので、すごく便利で楽な制度です。

ワンストップ特例制度とは / ふるさとチョイス

確定申告→事業主や、副業(Work double tides / Non employed)をしている場合は、面倒ですがワンストップ制度が利用できません。そのため、確定申告をする時に『ふるさと納税』も入れて、計算してから税務署に提出します。

確定申告事業主や、副業(Work double tides / Non employed)をしている場合は、面倒ですがワンストップ制度が利用できません。そのため、確定申告をする時に『ふるさと納税』も入れて、計算してから税務署に提出します。

タイトルとURLをコピーしました