初期からのリスニング英会話勉強法

– Studying basic English for beginner –

英会話の勉強を一からの始め方(ウグヤマの場合)

私が、英会話を始めるぞー!と思った時に、いざ、英会話のリスニングを始めてみたら、、「なんじゃこれ、、、え?何?全然わからん!!」、ここから勉強が始まりました、笑。とは言いつつ、具体的な目標(留学や海外出張など)は何もなかったため、お金はあまりかけずに初心者でも始められる方法を模索していました。

その時に、沢山お世話になったのが『Pod cast』アプリでした。今でも一日の30分ほどはお世話になっています、笑。iPhonesでも、Androidでも、スマホがあればダウンロードできて、どこでもいつでも聞くことができるインターネットラジオみたいなものです。スマホに内蔵されているApple Storeや、GooglePlayのアプリで検索してみてください。

この勉強法の利点は、通勤中や通学中に聞くことができ、時間を有効に活用できることです。

※運転が必要な方におすすめなのは、洋楽を流すことです。もしくは、単語を繰り返すものなど、運転第一で聞き流せるものにしてください。リスニングがほとんどできない時期は、文法にこだわらず、どんな発音の仕方があるのかを覚えたり、学生の頃の復習として単語を繰り返す、などで十分です。

おすすめ単語勉強法

単語は、反復しながら繰り返すだけで大丈夫です。外に出ていても、声を出さずに口パクで繰り返すだけでもOKです(変な人と思われても気にしないでください、笑)。単語だけで、意味も覚えようとするには限界があります。どうやっても、単語の反復練習ってつまらないので、笑。覚えられるものだけ覚えれば十分です、覚えられないものは、後々映画を見たり、会話をしながら覚えていけばいいのです!

その時に私がお世話になっていた単語の番組があります。『イングリッシュイリュージョン』です。淡々と、英語と日本語が繰り返されますが、今よりも発音とイントネーションに注目すると、リスニング力は確実に上がります。

最初に聞いてほしい英会話番組

今思うと学生の時の英語のリスニングは、リスニング用の会話という感じがしてなりません、笑。そんな私が最初に聞くべきだと思ったポッドキャストは、『Nate英会話Lab』です。

リスニングを上達させるには、ネイティブの会話を少しだけでも理解できるようになることが重要だと思います。同じアジア系の英語の方が、何故か日本人にとっては聞き取りやすかったりもしますが、私が一番ヘビーに感じたのはアメリカンネイティブの英語です。独特の感情表現や、文章を省略して話したり(他の国も共通かもしれませんが)、なんだか最初は呪文のように聞こえます、笑。しかし、この英会話番組では、ネイトさんが、ややゆっくりめに英語を話してくれます。それと同時に、日本人のアヤさんが日本語でも説明してくれるので、とても親切でわかりやすい英会話だと思います。

同時に、わからない単語が出てきたら、単語帳で調べましょう!

私は、ここまでご紹介した2つの番組を同時に聴き始めました。『Nate英会話Lab』の全てのエピソードを聴き終わった頃には、あなたはすでにリスニング力が進化しています(真顔)。

もっとリスニング力を磨きたい

そんなあなたにおすすめな方法が、『Hapa英会話』です。

英会話自体は、ネイティブの会話スピードになりますが、進行司会をしているJunさんが、丁寧に日本語で解説してくれます。更に、このHPもあり、エピソード一話ずつ丁寧に文章で説明してくれています。こちらを聴き始めたら、HPの解説も一緒に見て勉強した方が、リスニングだけの場合よりも何倍も成長します。また、今もずっと続けて更新しており、最新のアメリカの情報や現地の言葉、流行などを知ることができます。

料の本やアプリなどは、勉強しなきゃ、と奮い立たせてくれるので、もうワンステップ進みたい方にはおすすめです。

アプリだと、「スタディサプリ」などが有名ですが、通勤通学中にもスマホがあれば勉強可能なので苦になりません。無料お試し期間もあるのでおすすめです。

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

海外旅行や外国人への接客に役に立つ英語が満載です。スピーディーに覚えられる一冊!楽天市場で送料無料。

【英会話教材】たった30日で英語が話せる!ロサンゼルスNo1の超人気英語学校が開発した英会話教材「Hapa英会話 完全版」【送料無料】【smtb-s】【learn_d19】Hapa英会話 ネイティブ感覚で話す英語フレーズ [ ジュン・セニサック ]

他の英会話ユーチューバーや、もっと色々な英語に触れたいという方へ、英会話ユーチューバーまとめ記事もおすすめです。

無料写真素材なら【写真AC】
タイトルとURLをコピーしました