PASMOとSuicaのメリット・デメリット

– Pros and Cons about PASMO and Suica –

利用できるエリア

 

私は、埼玉から神奈川・千葉などへはたまに足を運ぶのですが、滅多に PASMO / Suica が使えなかった、、という記憶はありません。
山奥などへ行った時には、大抵交通系ICカード系は全て使えなかった記憶は結構あります(秩父鉄道や、箱根鉄道などの地方の鉄道は使えないエリアが多い気がします)。
なので、近年の都会では、Suicaが使える場所は基本的にPASMOも使うことができます。

JR以外ではSuicaで定期券は作れない

基本的に、ICカードにチャージして、通常の移動費であればSuicaもPASMOも分け隔てなく使うことができます。

しかし、定期券を作る場合は問題が出てきます。
例えば、東京メトロ、都営地下鉄だけの定期券を作る際に、Suicaで定期券を作ろうとしたら作ることができません。
定期券の場合は、管轄がきっちりと別れているようです。
しかし、昔、JR線と他線の乗り継ぎで定期券を利用していた時期がありましたが、その時は、JR線の駅で定期券を作り、他線の駅へ一枚のSuica定期券で通勤していました。

注意点)乗る駅と降りる駅の鉄道会社が異なる場合には、一度定期券を作った場合、定期券を作った駅と同じ路線の駅でしか定期券の更新ができませんでした。

ちなみに、都営バスであれば、都営地下鉄と合わせた連絡定期券を作ることが可能なようです。

都営バスについてはコチラの記事をどうぞ↓
・都営バスの定期券
・六本木駅発の都営バス
・渋谷駅発の都営バス
・池袋駅発の都営バス
・新宿駅発の都営バス

バスにも使えるSuicaとPASMO

 私は、都内でバスも利用するのですが、どのバス会社も比較的PASMOとSuicaがどちらも使えます。
実際によく乗るのは、都営バスで、西部バスや京王バス、港区のちぃばすなども利用しています。
さすがに、この前地方でバスを利用した時には、電子マネーは使えませんでした。
都心で暮らす分には、ほとんどのバス会社で電子マネーを使うことが可能です。

オートチャージはどちらも可能

オートチャージとは、改札を通った際に自動で電子マネーをチャージしてくれるシステムです。
きっぷ販売機でチャージをしなくて済むので、結構便利です。ちなみに、オートチャージを利用するにはクレジットカードでの手続きが必要です。
PASMOもSuicaも、どちらもクレジットカード一体型のタイプのものもあります。新しくクレジットカードを持たなければなりませんが、一体型は、ポイントも貯まりやすいので、関連施設などをよく利用する方にはおすすめです。
また、オートチャージをするタイミングの下限額を設定することもできます。

PASMO一体型カードはこちら→To Me CARD
Suica一体型カードはコチラ→View CARD


クレカ一体型や、電子マネー単体で使う場合には、パスケースやパスケース一体型のスマホケースなどがあると、
更に便利です。

カラフルパスケース【楽天市場】

スマホケース一体型パスケース【楽天市場】

モバイルSuicaはもっと便利

モバイルSuicaとは、スマホと定期券や交通電子マネーを一体化できるシステムです。私は使ったことがありませんが、都心部では最近、スマホをかざす人も結構目に入ります。
スマホと電子マネーのパスケースを持つのって、意外と場所を取ります。コンパクトにできるし、いちいち駅に着いたらSuicaを取り出す手間が省けるのはすごくいいな、と思っていました。

が、心配性の私は充電切れたら嫌だし、そもそもスマホが壊れたらどうしよう、とかいらぬ心配をしてしまい、結局今の今まで使ったことがありません。

が、一度登録したらすごく便利なんでしょうね。笑
個人的には、Suicaでお買い物することも多いので、買い物のたびにパスケースを出さなくて済むのも魅力的です。まだ使ったことがありませんが。笑

ところが、『モバイルPASMO』というものは今だ世の中に出てきていないそうです。
出てくるのも時間の問題のような気がしますが、
SuicaとPASMO、そのうち全てオールインワンになってほしいと、長年都会暮らしの私は切に願うのでした。

タイトルとURLをコピーしました