チェーン店のベジタリアンメニュー5

– Vegetarian menu at chain store 5 –

都心のチェーン店別ベジタリアンメニュー

この記事でのベジタリアンメニューの基準

 この記事で紹介していくメニューは、お肉・魚・卵・乳製品をメインにしていない野菜がメインのメニューをご紹介します。完全にヴィーガンなメニューから一部調味料に動物性がはいっているものまで、厳格でない菜食の方、いわゆる”ゆるベジ”の方にも見てもらえるようにピックアップしています。
 アレルギー特定原料一覧表の動物性食品は記載していますが、実際に行ったときに再度スタッフへ確認することをおすすめします。

大戸屋/サイゼリヤ/モスバーガーまとめ

てんや/CoCo壱番屋/幸楽苑まとめ

はなまるうどん/小諸蕎麦・富士そば/吉野家まとめ

サブウェイコンビニ各店まとめ

シェイクシャック

 こちらは最近店舗数を伸ばしているアメリカ発のハンバーガーショップです。

・シュルームバーガー(ミートフリー)
 乳、卵が含まれています。

・フライ(V)

・チーズフライ
 乳が含まれています。

・シェイク、アイスクリーム各種
 乳、卵が含まれています。

フリホーレス

 洒落たメキシカンのカジュアルレストランです。注文の仕方はサブウェイのようですが、食材が一つ一つその日に丁寧に調理されています。

<ヴィーガン向け>

・ヴィーガン(ベジタリアン)ブリトー(V)
 具材は自分でチョイスしていきます
 (ワカモレ、ファヒータ、ライムライス、ビーンズ、サルサ、レタスやコーンなどがヴィーガン対応の具材となっています)

・ヴィーガン(ベジタリアン)ボウル(V)
 ブリトーと同様、具材は自分でチョイスしていきます

・ヴィーガン(ベジタリアン)サラダ(V)
 ブリトーと同様、具材は自分でチョイスしていきます

<ベジタリアン(卵、乳OK)向け>
 ベジタリアンの方は、ヴィーガン向けのブリトーに、チーズやサワークリームのトッピングもあります。

グズマンイーゴメス

こちらは、オーストラリア発のメキシカン料理です。注文はフリホーレスと同様、サブウェイのように選んでいきます。注文後はセルフサービスで、レッドオニオン、パクチー、ハラペーニョ、激辛ソースなどを自由に盛り付けることができます。

・ブリトー(ベジタブル)

・ブリトーボウル(ベジタブル)

・タコス(ベジタブル)

・サラダボウル(ベジタブル)

 他にも、ベジタブルのケサディーヤ、ナチョスなど様々な形で楽しむことができます。しかし、チーズは大体どの商品にも入っているので、トッピングは追加したり抜いてもらうことも可能です。

自炊のススメ

食ではなくベジタリアンやヴィーガンとして自炊がしたいのであれば、ソイミートの常備がおすすめです。下記のソイミートはコスパがいいので家に常備しています。茹でたら、細切れ肉やミンチの代わりに使うだけです。ブロックタイプは、茹でたら衣をつけて唐揚げにして食べています。また、冷凍庫には凍らせた木綿豆腐も常備しています。ひき肉やスクランブルエッグの代わりに重宝しています。

大容量でお手頃なソイミート!

大容量ですが、安いです。使いやすさも一般的なソイミートと同じなので、私はこちらの「食べもんぢから」さんから毎回購入しています。ソイミートは乾物なので、大容量で買って大体3カ月くらいで無くなっています。8,000円以上で送料無料になるので、少量だと割高になるスパイス類も業務用サイズで購入しています。また、豆類も安いので、豆とソイミートを一緒に買って、毎回送料無料にしています、笑。

まめやのお肉(大豆ミート)ミンチタイプ 1kg   【国内加工品 ソイミート ベジミート 畑のお肉】

まめやのお肉(大豆ミート)ブロックタイプ 1kg   【国内加工品 ソイミート ベジミート 畑のお肉 業務用】

まめやのお肉(大豆ミート)フィレタイプ 1kg   【国内加工品 ソイミート ベジミート 畑のお肉】

タイトルとURLをコピーしました