植物性乳酸菌がとれる食品は?

– What’s kind of foods you can take with plant lactobacillus ? –

乳製品がダメな方には『植物性乳酸菌』

 最近話題の『植物性乳酸菌』ですが、実はこれ、和食には沢山取り入れられており、すでに日本人はある程度摂取しています。
 ヨーグルトやチーズなどは『動物性乳酸菌』が含まれており、乳酸菌の性質は同じものだそうです。

分離源が違っても同じ菌種の菌株は、性質や遺伝子がほぼ同一ですので、分離源などを根拠にして「植物性乳酸菌」や「動物性乳酸菌」に分けることには多くの矛盾があります。

出典:よくある質問 / 腸内殺菌学会 日本ビフィズス菌センター

 乳アレルギーで、牛乳やチーズや、乳製品が含まれているパンなどを食べることができない人もいます。植物から乳酸菌を摂取すれば、『動物性乳酸菌』とほぼ同じ乳酸菌を摂取することができます。

植物性乳酸菌が含まれている食べ物は?

 発酵食品でも乳酸菌が意外と含まれていないものもあります。”植物性”のみでご紹介します。何を選んで食べればいいのか、これで解決できます。

納豆には乳酸菌はない?

 納豆と言えば、納豆菌を混ぜて発酵させるイメージですが、乳酸菌は入っているのでしょうか? 納豆には納豆菌が含まれていますが、乳酸菌は含まれていません。
 しかし、納豆菌は善玉菌を増やして、悪玉菌を減らすという相乗効果を生み出すことができます。そのため、食べ合わせを上手にすれば、より腸内の環境をよくすることができます。

参考:めざせ腸美人! あなたの腸内環境は大丈夫? / ゆたか倶楽部

キムチの乳酸菌はたくましい

テレビ番組でこんな紹介がされていました。

 そんな中で、育った乳酸菌は強い菌に育つそうです。善玉菌であれば強くあってほしいです。そして悪玉菌をやっつけてくれるのであれば、キムチは腸内環境をよくすることに適した食材なのではないでしょうか?

ほかにもこんな食品で『植物性乳酸菌』が摂取可能です

 醤油や味噌、ぬか漬けやなど、和食に適したものが沢山あります。
ほかにも、ソーセージの付け合わせでよく見かけるザワークラウトや、アジア圏で食べられているテンペなどがあります。
 洋食やエスニック料理にも取り入れることができそうですね。

毎日簡単においしく摂取できる方法

<最近話題の大豆ヨーグルト>

 スーパーマーケットで、たまに見かけるようになりましたが、大豆ヨーグルトは、大豆からできた乳酸菌入りのヨーグルトです。乳アレルギーのお子さんも安心して食べることができて、食の楽しみが広がるアイテムです。
 都内のスーパーだと、2店舗に1店舗くらいでの割合で見かけます。値段は200円ほどで、普通のヨーグルトよりも割高ですが、乳製品が食べられない人にとっては重宝する商品です。

スーパーでよく見かける 【楽天市場】マルサン 豆乳グルト

< ごはんに乗せるだけ『納豆キムチ』

 先ほどもお伝えしたように、納豆には善玉菌を増やすメリットがあり、食べ合わせによっては効果的に腸内環境が改善できます。
 納豆とキムチをご飯にのせるだけの簡単メシですが、キムチはメーカーによって酸味や味が変わってくるため、自分のお気に入りのキムチを見つけたら絶品のごちそうになります。更に料理いらずなのは、主婦や一人暮らしの味方ですね。

大豆アレルギーの方はぬか漬けやキャベツの漬物で>

 乳アレルギーもありますが、大豆アレルギーの方もいます。大豆も乳もダメ、という方はぬか漬けがおすすめです。日本人であれば毎日食べるものですし、どこにでも売っています。
 
 あと、最近自家製のキャベツのピクルスや漬物レシピも目にします。キャベツならどこにでも売ってますし、数日で発酵させることができます。

簡単レシピはコチラのブログがおすすめ!
乳酸キャベツでおなかすっきり 簡単に作れる発酵食 / WOMAN SMART

タイトルとURLをコピーしました