増税後の『キャッシュレスポイント還元』とは

– What’s the discount to get back for paying tax 10% without cash in japan –

キャッシュレスポイント還元とは?

 キャッシュレス推進協会が運営しているそうです。
 クレジットカードや、電子マネー、スマホ決済などを使うと、2~5パーセント分の消費税がポイントとして戻ってきたり、割引される制度です。今はどうやら、加盟店をまだ募集している期間のようです。これから随時情報が開示されていくのではないかと思います。今後下記の期間限定で実施されるようです。
 国や決済事業者が負担を補助します。そのため、カード会社によっては上限額を設定するところもあるようです。

 期間:2019年10月 ~ 2020年6月

いくらお得なの?

 加盟店の店舗で、指定の支払いをした場合5パーセント、または2パーセントの還元があります。レストランやスーパーマーケットなど条件で税率自体が異なるため、結果として、消費税を3~8パーセントの税金を払うことになります。 

 こうなると、また計算がややこしいですね。また、クレジットカードやICカードなどを持っていない場合が対象外なので、お子さんはまだしも、現金しか使えないお年寄りの方がいるのも現実で、そういった方も対象にしてほしいなぁと思ってしまいます。

<条件>国から補助される還元率
中小企業5%
中小企業のフランチャイズ加盟店2%

どこのお店で実施している?

 最新の報告では、約43万件の加盟店が集まったそうです。抜粋した店舗の一部をご紹介します。 (2019年8月調べ)

セブンイレブン

 こちらは、かなりの店舗数見受けられたため掲載しました。恐らく全国各地の都道府県で利用することができるのではないでしょうか。

東日本タクシー

 タクシー会社も5%還元を受けることができるようです。

様々なレストランや居酒屋

 『牛角』や『温野菜』などなど、沢山見受けられます。

美容院や整体・動物病院などのサービス

 こういったサービス系のお店もちらほらと見受けられます。

楽天市場やYahoo!ショッピングなどのECサイト

ECサイトの中でも加盟店はあるようです。普段使いのお店が対象になっている店舗であればぜひ利用しましょう。

↓こちらのリンクから地図で検索できます↓

その他、決済事業者や詳しいことは、こちらまで

特定の人が貰える『プレミアム商品券』

 また、2019年9月から随時、『プレミアム商品券』の申込用紙が届けられます。全員ではなく、特定の条件にあてはまるひとのみが対象となります。対象であれば、2万5千円分の商品券を2万円で購入することができます。2万円の商品券がそっくり貰えるわけではありません、、、(条件や世帯人数により貰える上限金額が変わってきます)

<対象者例1>
2019年度の住民税(均等割)が課税されていない方。現に支払っている方や生活保護受給者などは除きます。

<対象者例2>
子育て世代の方。 2016年4月2日から2019年9月30日まで に生まれたお子さまがいるご家庭。

タイトルとURLをコピーしました