11月30日双子座満月の占い、日本で起こりうること

日々集めたニュースや情報や占星術から、日本の近い未来を私の視点から予測しています。

最新の未来予測記事

初北海道ドライブをする方へ

– Advice for person drives at Hokkaido for the first time –

ほぼペーパーがお伝えする運転のアドバイス

 レンタカーを借りたのですが、お店の看板に昨日の事故件数が発表されていて、うろおぼえですが、二けたを超える数字が載っていました、、、(他の都道府県は一桁だったと思います。)。北海道は広いし、軽い事故も含まれるとは思いますがなぜに、そんなに多いのか、運転する前から恐怖心が余計にあおられました、涙。

 運転してみると、北海道って、本当にひろくて、ドライブが最高に気持ちいいんです。そんでもって、景色もきれい!サイコー!
 って、テンションあがります、私もあがりました、笑。

 そして、道がめっちゃ長い!いつの間にやら80キロ90キロ、、、ってなりがちなんです。多分事故を起こす人の大半は、スピード出しすぎか、注意不足なんだと思います。
 そんでもって、高齢者も運転してたりします。のどかだからと、ボーっと運転してしまうととても危険な状態になるし、ある程度緊張感をもって運転するのがベストなのかな、と思いました。無事に私は旅を楽しむことができましたが、疲労も大敵なので、休憩も大事に運転してくださいね。

警視庁のHPには、東京などの人が多いところも事故件数が多く載っていました。詳しくはこちら。

ちなみに、格安ピーチエア往復(羽田空港~新千歳空港)+バジェットレンタカーをエアトリで検索して、予約しました。航空券は2人分往復で31,920円、エアトリレンタカーは10,160円(ナビ、ETC付き)でした。確か1,000円~1,500円(1日)ほど追加すれば免責補償もつけることができたため、当日追加しました。

事前にネットでICの場所や道のりをチェックしよう!雪にも要注意!

 まず、私がやったことは、千歳空港から入るICと、出口になるICをスマホでチェックしました。本当に高速慣れしていない人は、Youtubeでインターチェンジを検索して、実際の乗り場を確認することをおすすめします。
 あまり意味はないですが、雰囲気を知ることで不安はある程度解消されます。私は、高速道路の運転自体が久しぶりだったので合流車線が意外と長かったことに安心しました、笑。

 私は10月に阿寒湖へ行ったのですが、めちゃくちゃ寒かったので10月頃になったら念のために雪が降っていないかも事前に確認することをおすすめします。

飛行機で着陸する前に、高速道路をチェック!

 当日になっても、やっぱり合流地点でうまく入れなさそうであれば一般道路で行こう、といまだに悩んでいた私は、飛行機が着陸する前に、高速道路を上からチェックしていました、笑。混雑状況が心配だったのですが、その日は単日の祝日でしたが、結構道路が空いており、目視をきちんとすれば、合流できそうだな、という安心感が得られました、笑。平日や連休はわかりませんが、だだっ広い北海道、東京の高速道路を想像すると、北海道の方が断然合流しやすいです。
 もう、この時点で私は道東道を使うことをほぼ決心していました。

慣らし運転

 私は、年に数回運転する時は久しぶりなのでいつも慎重に運転しています。千歳空港からインターチェンジに入るまでの間思ったのは、東京よりも断然緊張していないことでした、笑。
 大きな道路が多く、道も入り組んでいない、都会よりも田舎の方が運転にはいいですね。さて、運転もしやすいし、無事に合流できそうだぞー!という流れで、いざ合流!
 その時は、ほんとに後ろに車がいなくて、スピードアップしてもしなくても合流できる状態でした。そこで、大丈夫だな、と自信がつきました。合流を不安に思っている皆さん、北海道は全体的に合流しやすいと思います(特に交通量が少ない東側の道東道エリア)。

エリア別の詳細

千歳東IC~池田IC~足寄IC

 道東道にのってしまえば、大体どこも同じような道で同じような景色なのですが、初北海道運転の場合は、先の道がどうなっているのかわからないので、とにかく飛ばしすぎないことだけ気を付けてください。急にカーブになるところも多々あります(占冠~トマム~十勝あたりが多いです)。
 そして、どこもすごく綺麗な大自然なのですが、個人的には池田IC手前で見た並木の景色がすごく綺麗で印象的でした。季節も10月後半で、紅葉が見ごろになる手前だったので山も森もカラフルでとてもきれいでした。
 また、池田IC~足寄ICまでは、無料区間となっています。
 そして地元民はやはり、かなり高速で走ってます。遅くなりすぎない程度に、あせらずマイペースで走りましょう。

足寄町~阿寒湖まで(一般道路)

 高速を降りて、足寄町に到着し、ローソンで一休みしました。このローソンが最後の休憩と思ってください。阿寒湖までは、なーーーんにもお店とかありませんから、笑。
 足寄まで着いてほっとした私でしたが、思いの外、阿寒湖までの道のりが遠かった!笑
 再び出発した時点で、もはや周りはだいぶ暗くなっていました。どんどん町から遠くなり、信号もあまりない山道へ入っていくのです。道に慣れてる地元の車(だと思うのですが)は、余裕で追い越ししてきます。私は暗い道の中、どんどん暗くなっていくことに気づきました。
 最終的には、ほんとになにも見えないんです!だから、途中から反射板ていうんでしょうか?車のライトを反射する矢印がずっと連なっており、ひたすらそれを目印にして進みました。
 ようやく、明かりが見えてきてもっともっと運転した先に「ようこそ、阿寒湖温泉へ」の文字が!涙

 やっとたどり着き、コンビニもあるしドラッグストアもあるし安心しました、笑。

この日泊まったのは、「阿寒湖荘」という宿です。宿サイト『じゃらん』を利用して、ポチッとネットで予約しました。高級宿ではありませんが、温泉もあり、お料理もおいしく、景色のいい部屋(阿寒湖がよく見え、紅葉の時期で木々がよく見える部屋でした)だったのでよかったです。ちなみに、2人分(和室1部屋)×1泊(翌日が平日)=19,760円でした。

じゃらんnet

阿寒湖~夕張(一般道路)

 この日は一日一般道路を運転し、色々と寄り道しながら、ドライブをしました。プランはこんな感じです。

  1. 足寄湖の 駐車場 兼 トイレ に立ち寄り休憩
  2. お腹がすいたら、帯広付近で道の駅
  3. 日勝峠で観光、休憩
  4. 穂別ダム(時間がなかったので、飛ばしました)
  5. 夕張の滝の上公園で寄り道、休憩

 予想通りといえば、予想通りでしたが、長いドライブになりました。もう同じ道は運転したくない、というところでしょうか、笑。でも、他の道もあるし有名な道路もあるので、違う道を通るならまたドライブしたいです。広くて綺麗な北海道!

夕張~札幌市街地(一般道路)

 夕張から札幌市に入るくらいまでは、平たんな道でぐんぐんと進みます。ひたすらまっすぐの道なので、スピードと周りに気を付けてさえいれば快適なドライブになります。
 ですが、私が運転していたのが平日の夕方ということもあり、札幌市街地に近づく手前で、かなり混雑していました。
 札幌市民の皆さんには失礼ですが、笑、札幌ってこんなにも都会だったのか!ということに気づき、近づけば近づくほど車線が増えて東京に近い感じになってきました。ナビは見ていたものの、車線が多いし、端っこは左折専用レーンになっていたりと、かなり戸惑っていました。
 函館ももしかしたら、結構都会なのかもしれませんが、札幌市街地へ運転する方は、細かいとこに気を付けて運転してください。

 ちなみに札幌では、宿泊施設検索サイト「Airbnb」で格安の所を探して、2人で5,481円で泊まることができました。

タイトルとURLをコピーしました