にんにくで簡単おいしいヴィーガン料理

– Vegan easy cooking with garlic –

自炊のススメ

食ではなくベジタリアンやヴィーガンとして自炊がしたいのであれば、ソイミートの常備がおすすめです。下記のソイミートはコスパがいいので家に常備しています。茹でたら、細切れ肉やミンチの代わりに使うだけです。ブロックタイプは、茹でたら衣をつけて唐揚げにして食べています。また、冷凍庫には凍らせた木綿豆腐も常備しています。ひき肉やスクランブルエッグの代わりに重宝しています。

大容量でお手頃なソイミート!

大容量ですが、安いです。使いやすさも一般的なソイミートと同じなので、私はこちらの「食べもんぢから」さんから毎回購入しています。ソイミートは乾物なので、大容量で買って大体3カ月くらいで無くなっています。8,000円以上で送料無料になるので、少量だと割高になるスパイス類も業務用サイズで購入しています。また、豆類も安いので、豆とソイミートを一緒に買って、毎回送料無料にしています、笑。

まめやのお肉(大豆ミート)ミンチタイプ 1kg   【国内加工品 ソイミート ベジミート 畑のお肉】

まめやのお肉(大豆ミート)ブロックタイプ 1kg   【国内加工品 ソイミート ベジミート 畑のお肉 業務用】

まめやのお肉(大豆ミート)フィレタイプ 1kg   【国内加工品 ソイミート ベジミート 畑のお肉】

野菜料理も香ばしい!ニンニクパワー

 ニンニクといえば、匂いがきになる方も多いと思いますが、いろんな面でおすすめの食材です。疲労回復や免疫強化、風邪予防など様々なメリットがあり、更に料理をおいしくさせるスパイスでもあるため、一石二鳥な食べ物です。
 ベジタリアンやヴィーガンの方には欠かせないし、ダイエット中の方でも美味しく食べることができる、健康的な食欲増進スパイスです。

<臭いが気になる場合の下処理>
 臭いを抑えたい場合は、熱すると少し消臭できます。今回ご紹介するレシピでは、一旦ニンニクを炒めてから混ぜることをお勧めします。
 また、『ジャンボにんにく』という、粒が大きめのニンニク(小さいニンニクの2~3倍ほどの大きさ)があります。そちらは、小さいニンニクよりも、切った時の臭いが少ないので、臭いをなるべく抑えたい方にはおすすめです。

国産! ジャンボニンニク 【楽天市場】

 ↓↓↓今回は、簡単に作れるエスニック料理をご紹介します↓↓↓

豆と合わせてフムスを作ろう

材料>
・ひよこ豆缶
(茹でた他の豆や大豆でも作れます)
・ニンニク
・塩
・チリパウダー(スーパーの調味料売場にあります)
・タヒニ(大きめのスーパーなどで見かけます)オススメ:業務スーパーのタヒニは安いです。
※タヒニとは、ごまを炒る前のペーストです。『練りごま』はごまを炒ったものです。

 

①ひよこ豆(茹で)をマッシャーやブレンダ―などで潰しペースト状にします。

②タヒニをひよこ豆の3分の1くらいの量で加えます。


③好みの量で、にんにくは、すりつぶしてから混ぜます。(事前に炒めることをおすすめします)


⑤チリパウダーと塩を加えて、味見しながら混ぜたら完成です。

<用途>
パンに塗ったり、サラダに入れたり、ごはんのおかずにもなります。お酢などを混ぜてドレッシングとしても使用できます。

アボカドと合わせてワカモレを作る

材料>
・アボカド(熟した柔らかいもの)
・ニンニク
・アーリーレッド(通常の玉ねぎでも可能です)
・チリパウダー(スーパーの調味料売場にあります)
・ライム果汁(少し味が変わりますがレモン果汁でも構いません。カボスやすだちでもOKです。)
・パクチー(お好みで)
・塩

 

①1~2個のアボカドを大きめに切ったら、ボウルに入れてペースト状にします。熟した柔らかいアボカドを使いましょう。

②ライム果汁(大匙1~2杯程度)を混ぜ、みじん切りにしたアーリーレッド
を入れます。


③火を通したにんにく、塩、チリパウダー、パクチーを混ぜたら完成です。


<用途>
お勧めの食べ方は、コーンチップスなどにつける食べ方です。サラダやパンにもおすすめですし、サルサも合わせて、ライスと一緒に食べるのも美味しいです。

タイトルとURLをコピーしました