ヴィーガン卵にも美容にも!「アマニシード」とは?

– Flax seed as vegan egg

お好み焼きやクッキーには卵が必須?

 最近知ったのですが、代用の植物性卵があるそうです。そんなもの見たことないですよね。熱を加えたら固まってつなぎになるような物なんて無い、と思っていました。更に風味が豊かになるものなんてあるわけがない、と思っていました。ところが、インスタグラムで『cleaneatz』さんの動画をよく見ていると、「Flax seed」なるものがよく登場して、クッキーやブラウニーのような焼き菓子を作っていました。そして、アマニシードに水を加えてしばし待つと、生卵のようなドロドロしたものになるようです。

 私は、何ぞや?と思い調べ始めると、「アマニシード」のことでした。アマニ油って、健康志向で数年前から名前を聞くようになりましたが、アマニシードは聞いたことがありませんでした。スーパーでも、あまりみかけたことがないような?

アマニシードは美容や健康にもおすすめ

 卵の主な栄養素と比較してみました。なんと同量であれば卵よりもたんぱく質が豊富なんですね!卵の他の7、8割はどんな成分かは分析できませんでしたが、アマニシードが栄養のかたまりということがおわかりいただけるでしょうか。

栄養素(100g)アマニシード
たんぱく質20.7g12g
脂質40.0g10g
炭水化物0.3g
食物繊維23g

 また、よく聞く代表的なものが「α-リノレン酸」、ダイエットに最適なのだそうです。「不飽和脂肪酸」という、太りにくい成分なのと、食物繊維も上の表からわかるように、沢山含まれています。
美容にも健康にもよさそうですね。

どこで入手する?

通販やインターネットショッピング

楽天市場でもほかのECサイトでも、様々なアマニシードが販売されています。比較検討することをおすすめします。

楽天市場 / NIPPN ローストアマニシード

楽天市場 / 800gアマニシード

コストコにて購入したアマニシード入りの「ナッツバター(無糖)」

 たまたま、買い物に行った「コストコ」で、ナッツが色々と売られているで、アマニシードを探してみました。結果は、見つからなかったのですが、「ナッツバター」なるものに、アマニシードが含まれていました。試しで早速購入しましたが、今ではクッキーや粉物を作るときに小さじ1~2杯を混ぜて作っています。
 アマニシード以外にもナッツなど色々と混ざっていますが、つなぎになってくれているので使用しています。また、少しであればナッツ風味も主張してこないため、様々な料理に風味を加えてくれる隠し味となっています。今は冷凍保存して、使うときに出しています。↓商品紹介はコチラ↓

ナッツバター(アマニシード入り)を使った実践料理!

こちらは、オートミールを粉にしたものと、チョコチップ、豆乳、砂糖、ナッツバターを混ぜてオーブンで焼いたクッキーです。
簡単に作れる常備おやつなので、家ではたまに作っています。

※アレンジでバナナやココナッツなどのナッツ類を入れても美味しくいただけると思います。

クッキー

このたこ焼きは、スプーン1、2杯程度のナッツバターを投入しましたが、他にもニュートリショナルイーストや紅ショウガや和風出汁を入れて、ちゃんと和風の味が出るように工夫しました。
生地には里芋を潰して加えたので中はとろとろ、外は香ばしくなりました。

たこ焼き

 結論としては、100%アマニシードを使わなくても、他のナッツやシード系のペーストをいれればある程度生地はつなぎになってくれると感じました。アマニシードが手に入らない時は、他のもので代用したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました