簡単ヴィーガンひき肉の常備

– Keeping the cold inside fridge Ground vegan meat –

ヴィーガンひき肉の作り方と保存方法

作り方

 ヴィーガンひき肉は、簡単に作れますが、経験上、凍らせる時間が長い方がより美味しく感じました。また、豆腐の質が悪いといくら冷凍させてもボロボロになる豆腐もあるため、安くてもいいので色々なメーカーをためすことをおすすめします。
 まず、木綿豆腐を冷凍庫で寝かせます。私のおすすめは3日以上寝かせることです。解凍する時に水分が抜けやすくなり、歯ごたえのある凍豆腐に仕上がります。また、メーカーによって食感や仕上がりが変わるので、色々な豆腐を試してみてお気に入りの豆腐を見つけることをおすすめします。
 また、この方法は通常のソイミートのミンチを使うよりも安上がりなので私はこの方法で料理しています。

ミンチタイプのソイミートも売っているので、冷凍庫が使えない、冷凍に時間をかけられない方にはおすすめ。

まめやのお肉(大豆ミート)ミンチタイプ 1kg   【国内加工品 ソイミート ベジミート 畑のお肉】

解凍方法

 解凍するときは数時間前から、冷凍庫から取り出しておいてください。調理時に、なるべく目の細かいザルにあけて、手で潰していきます。その時にたくさんの水分が出るのでなるべく水を切ってから火にかけます。

保存方法

 潰した後よりも、豆腐を買ってきたらそのまま凍らせることをお勧めします。常に2パックほど凍らせておけば、使いたい時に使えるため、我が家では木綿豆腐を冷凍庫に常備しています。

美味しくなる下準備

<コツ1>
豆腐ひき肉に軽く塩をまぶす。

<コツ2>
多めの油を入れて、うすくフライパン全体に広げて揚げ焼きっぽくする。片面が香ばしく焼ければ十分です。

炒め料理の場合(ガパオ、麻婆豆腐、焼きそばなど)
初めに、豆腐ひき肉を炒めて、取り除いてから野菜などを炒めて、その後再びフライパンへ投入するとベター。

焼き料理の場合(ハンバーグ・餃子など)
通常通り、形を形成してから、焼けば大丈夫です。ハンバーグは多めの油で焼くことをおすすめします。

煮る料理の場合(カレー・ロールキャベツなど)
通常通り、生のまま煮込んでも美味しいですが、揚げ焼きのひと手間が加わると香ばしくなり、おすすめです。

ヴィーガンひき肉料理一覧

和風ヴィーガンタコライスレシピ

<材料>
・凍豆腐 1丁
・にんにく お好みの量
・調味料(醤油・塩・きび砂糖)
・ニュートリショナルイースト(ふりかけ用)
・油

<作り方>
①凍豆腐とにんにくを多めの油で炒めます。同時に砂糖をまぶします。下準備と同じようにフライパン全体に薄く広げて片面が香ばしくなるまで焼きます。

②焼けてきたらかき混ぜながら、醤油を入れて少し炒めます。味が薄かったら塩を足してください。

③ごはんに盛り付けて、チーズの代用「ニュートリショナルイースト」を振りかけます。チリペッパーをふりかけても美味しいです。

お好みの野菜や付け合わせをトッピングしてお楽しみください。
今回は、ワカモレとレタスのサラダを付け合わせにしました。

タイトルとURLをコピーしました