ロンドンでヴィーガン食巡り

– Exploring vegan foods at London –

2020年2月にロンドンへ

今年に入ってから、ロンドンへ二週間ほどヴィーガンについて調査してきました!ユーチューブ動画もあるので、こちらもよかったらご覧ください。続編も作成予定ですが、中々作業が進まないため、期待せずにお待ちください、笑。

ロンドン編1

ロンドンでは全く食に困らなかった

ロンドンでは、基本的にコンビニでもスーパーマーケットでも、ヴィーガンマークのついた食べ物が売っています。勿論オーガニックスーパーなどでは、特にヴィーガンフードが多く取り揃えられていました。日本では、特別なお店やレストランでしか選ぶことのできないヴィーガンフードですから、日本にいるときはもっぱら自炊をしています。でも、ロンドンに移住したら自炊しなくても、普通のお弁当と同じ価格でサンドイッチやランチボックスが買えるのですごく楽だと思います。

日本食が恋しくなると思って、せんべいを持って行ったのですが、食べたい時に食べられる日持ちのするせんべいを持っていくのはおススメですよ。

レストランやファストフード店

ロンドンであれば、ある程度ヴィーガンメニューがあるところは見つかります。駅の周りは特に、レストランや、ケンタッキーやその他のファストフード店でヴィーガンの広告を見かけやすいです。ヴィーガンのフィッシュアンドチップスのお店もあるので驚きました。私が尋ねた一部のお店をご紹介します。下記のお店以外にも、すごくたくさんのヴィーガンメニューを扱っているお店もあるので、歩きながら探してみるのも楽しいと思います。

  • ケンタッキー
  • PRET A MANGER(サンドイッチ)
  • Leon(ハンバーガー)
  • yo!SUSHI(寿司)
  • Wasabi(寿司)
  • Wagamama(アジアン)
  • AWSOME CHIPS(フライドポテト)
  • eat by chloe(バーガー、フィッシュアンドチップス)

野外のマーケット

市場は色々なところで開かれていますが、私が訪れた市場をご紹介します。二カ所しか訪れていませんが、大きな駅の周りで行われているものも多く、見つけたらぶらっと見るのも楽しいです。大抵、ヴィーガンの食べ物は何かしら見つかりますよ。

バラ・マーケット

こちらは、食品関係のお店がとても多かったです。スパイスやスプレッド、お酒や生ハムなど多種多様です。あとは、フルーツジュースや温かい食べ物を売っているお店も多く、種類も日本食から中東、イタリアンなどさまざまなお店がありました。テイスティングさせてくれるので、気になるものがあったらとことん味見してみましょう。

場所:8 Southwark Street London SE1 1TL England (最寄駅:London Bridge ロンドンブリッジ)

カムデンマーケット

こちらは、ロンドンで有名な観光スポットですが、食べ物から雑貨、洋服などさまざまなものが売っています。掘り出し物もあったりして、個人的にはすごく楽しかったです。食べ物は勿論、ヴィーガンのハンバーガーやメキシカンなど色々楽しめそうでした(ここでは何も食べませんでした)。

場所:Camden Lock Place London NW1 8AF England(最寄駅:Camden Town カムデンタウン)

スーパーマーケット

TESCOという小さいお店はいろんな場所にたくさんあるのですが、ヴィーガン食品を探すならこちらがおすすめです。

〈Sainsbury’s〉

こちらは、一見普通のスーパーですが大型店舗は特におすすめです。小型の店舗でもある程度ヴィーガン食品が手に入りやすいですが、大型店舗だと種類も豊富です。持ち帰りのヴィーガン寿司や、日々の料理で使えそうなチーズやハム、冷凍食品なども豊富です。

〈WHOLE FOODS MARKET〉

こちらでは、熱々のデリやお惣菜を量り売りで購入することができます。フードコートのフロアでも、ピザなどの購入ができ、とてもおすすめです。ロンドンに住んだら毎日のように通うと思います、笑。

〈M&S Simply Food〉

こちらは、お弁当やラップサンドなどのテイクアウトできる商品が色々と売っていました。他にも、ヴィーガンソーセージや、パティなどもありました。ヴィーガンの食品はまとまって置かれていたりするので、コーナーを探してみてください。

田舎の食事状

コッツウォルズ地方へ、2日間行ってきました。やはり、都心のロンドンと比べ、ヴィーガンのレストランやファーストフード店は少ないです。カフェなどでも一部ヴィーガンメニューを提供しているところもありました。また、駅の近くのスーパーマーケットなどではヴィーガン食品を購入できるところもあります。

やはり、ロンドンは東京のように、多種多様選択肢が豊富ですが、地方はあまり選択肢は多くないようです。最近は東京でも、植物性のプリンやカルピスなど、選択肢が増えてきて嬉しいです。特にアレルギー持ちのお子さんは、お菓子やジュースが他の子と同じように食べることができたらすごく喜ぶと思います。こんな形で、ロンドンのヴィーガンについて調べてきました。東京はヴィーガンがある程度広まってきたので、今後もっとヴィーガン食品やメニューが広がっていくと思います。それと同時に、需要が増えれば自然と高い値段ではなくなっていくと思います。

Uguyamaおすすめソイミート

食ではなくベジタリアンやヴィーガンとして自炊がしたいのであれば、ソイミート(大豆ミート、大豆肉)の常備がおすすめです。下記のソイミートはコスパがいいので家に常備しています。茹でたら、細切れ肉やミンチの代わりに使うだけです。ブロックタイプは、茹でたら衣をつけて唐揚げにして食べています。また、冷凍庫には凍らせた木綿豆腐も常備しています。ひき肉やスクランブルエッグの代わりに重宝しています。

大容量でお手頃なソイミートのご紹介

大容量ですが、安いです。使いやすさも一般的なソイミートと同じなので、私はこちらの「食べもんぢから」さんから毎回購入しています。ソイミートは乾物なので、大容量で買って大体3カ月くらいで無くなっています。一定額以上で送料無料になります。豆類やスパイスを同時購入し、送料無料になるよう工夫しています。

まめやのお肉(大豆ミート)ミンチタイプ 1kg   【国内加工品 ソイミート ベジミート 畑のお肉】

まめやのお肉(大豆ミート)ブロックタイプ 1kg   【国内加工品 ソイミート ベジミート 畑のお肉 業務用】

まめやのお肉(大豆ミート)フィレタイプ 1kg   【国内加工品 ソイミート ベジミート 畑のお肉】

タイトルとURLをコピーしました